Translate

用語解説

用語解説

△▼△▼△▼
呪術 式神 形代

「呪力」や「術式」等の基本的な定義や、作中に登場する固有名詞の用語に関する解説。

目次(五十音順)

呪術(じゅじゅつ)


本来は人間から流出した負の感情の集積である「呪い」を能動的に制御し、適時、適量な範囲での行使を目的とした「術式」の形式に落とし込み、体系化したもの。

呪術師(じゅじゅつし)

広義としては、呪術を行使して呪霊や呪物を祓う事を専らの生業としている者の総称。狭義としては、呪術師達が組織する協会や組合などからの認定を受けて「等級」を与えられている状態。

呪詛師(じゅそし)

主に依頼人から金品などの対価を受け取り、指定された対象を呪術を用いて暴行や拉致、あるいは殺害する事を専らの生業とする者の総称。
つまりは「悪い呪術師」の事であり、呪術高専を離脱した夏油 傑げとう すぐる)などが、その筆頭として挙げられる。

術式(じゅつしき)


呪力が「エネルギー」であるならば、術式とは、そのエネルギーを肉体や武器の強化といった物質の変質や、あるいは式神の操作や呪霊に対する強制力といった運動に変換する為の「仕組み」や「プログラム」であると言える。

実際、五条 悟ごじょう さとる)が虎杖 悠仁いたどり ゆうじ)に対し、呪力を「電気」に、術式を「家電製品」に例えて説明している。

ただし、実際の術式が家電製品と異なる点は、術式は基本的に術師本人が産まれた時点で肉体に刻まれているものであり、後天的な習得は非常に難しいという事である。

呪術師の業界に於いて、伝統芸能と同じように「家系」や「血筋」が重んじられるのは、その為である。

呪物(じゅぶつ)


本来的には「呪力が籠った(込められた)物品の総称」の事であるが、その定義には、呪術師が武器や呪符の類いに能動的に呪力を込める場合もあれば、世を恨んで自殺した者が身に着けていた物品に、受動的に呪力が籠ってしまった場合、果ては「両面宿儺の指」のように、呪術師の身体の一部が死後も呪力を保持したまま標本化したものまで、非常に広範囲な状況が含まれる。

それらをもう少し明確に区別する為に、能動的に呪力を込めた武器や呪符の類いは「呪具」(じゅぐ)、それ以外の物品に関しては呪物と呼称するのが通例である。

呪力(じゅりょく)


人間から流出した負の感情の集積である「呪い」が、一定幅以上の振幅を伴って「エネルギー」と呼べる程の密度と総量を保っている状態。

呪霊(じゅれい)

呪術廻戦 呪霊(じゅれい)

総称として呪霊と呼ばれる存在は、その発生の過程によって大まかに二つのタイプに分類される。

一つ目は、人間から流出した負の感情の集積である「呪い」が、一定以上の質量を形成して「生物」と呼べる程の形状や知能を獲得した状態である。

二つ目は、実在していた人間が強い悲しみや憎しみなどの負の感情を抱えたまま死亡した時に、いわゆる「成仏」をせずに悪霊化し、現世に留まり続けている状態である。乙骨 憂太おっこつ ゆうた)に憑り付いた幼馴染の霊である折本 里香などは、このタイプである。

帳(とばり)

呪術廻戦 帳(とばり)

人の気配のない山中や廃ビル等で戦う場合はよいが、「人の集まる所に呪いも集まる」という原則上、呪術師達の主な戦場は学校や病院など、街中の現役で使われている場所が大半となる。

もちろん、そのまま戦っても大抵の一般人には呪霊を目視する事はできないが、呪術師が戦う姿は見えるので、恐怖を感じさせてしまう事に変わりはない。

その為、突発的に急襲された場合でない限り、呪霊との戦闘を開始する直前に「帳」と呼ばれる球状の簡易式結界を降ろし、呪霊は勿論の事、術師の姿さえも外から見えないように覆い隠す事が基本となる。

この結界は、比較的に等級の低い術師であっても発動する事ができる程、結界術としては容易な部類に入るが、等級の高い術師であれは更に追加の術式を組み込み、例えば「特定の人物のみ入退場可」「一般人のみ退場可」「呪術師のみ入場可」等の制限を設ける事ができる。

ただし、いずれの場合に於いても、帳を降ろした術師自身が解除する他に、気絶したり殺害されたりした場合に於いても術式は効力を失い、帳は消え去る。

術師が帳を発動する場合は、以下に示す呪文を詠唱する事により、上空から墨汁のような黒色の呪力が流れ落ちて球体を形成する。
闇より出でて 闇より黒く
(やみよりいでて やみよりくろく)
その穢れを 禊ぎ祓え
(そのけがれを みそぎはらえ)

呪い(のろい)


怒りや嫉妬、後悔や恥辱など、人間から流出した負の感情が一定量以上に集積した時に、周囲に物理的な影響力を及ぼすようになるほど、高密度になった状態。
△▼△▼△▼