京都校呪術師準一級

呪術高専京都校の3年生にして、呪術界の”御三家”である加茂家の嫡流(分家までも全て含めた上での総代表権を有する本家)の血筋。禪院家の血筋である伏黒 恵( ふしぐろ めぐみ )と同様に、相伝術式から武器術に至るまでをそつなく熟す秀才。等級は準一級。

呪霊特級

人々が”森林”に対して抱く畏怖の念が集積され、呪霊と化した存在。その”植物”を操る術式は一見すると戦いには不向きのように思えるが、直接攻撃のパワーとダメージに対する耐久力は同じ特級呪霊である 真人 ( まひと )や 漏瑚 ( じょうご )を大きく上回る。

その他の人物

” 偽夏油 ”と秘密裏に共謀し、呪術高専に於ける姉妹校交流戦と渋谷での呪術テロ、その両方に呪詛師を送り込んだ袈裟姿の謎の人物。漏瑚との戦いに圧勝した直後の 両面宿儺 の前に現れ、「お久しうございます」と発言した事から、両者が旧知の関係性である事が窺い知れる。

京都校呪術師準一級天与呪縛

呪術高専京都校の2年生。天与呪縛( 後述 )に依拠した広範囲、高出力の 傀儡操術 ( かいらいそうじゅつ )で、ロボットである” 究極メカ丸 ”( アルティメット メカまる )を操って戦う。

一級京都校呪術師

呪術高専京都校の3年生。家系に他の呪術師が居ない”自然発生型”でありながら、幼い頃に特級術師である九十九 由基( つくも ゆき )に才能を見出され、同校在学中に一級に到達したエース的存在。

一級呪術師

呪術高専東京校を介して活動する一級術師であり、高専生時代の 五条 悟 ( ごじょう さとる )の直接の後輩。呪布を巻きつけた鉈(なた)を主な武器とし、敵の身体に強制的に弱点を発生させる「 十劃呪法 」( とおかくじゅほう )を操る。