漏瑚(じょうご)

呪霊 特級

呪術廻戦 漏瑚(じょうご)

人々が古来より絶望的に怖れてきた”火山”に対する想念が集積され、呪霊と化した存在。同じ特級呪霊である真人まひと)と同様に人間の言葉を自在に話すが、性格は火山のイメージ通りに直情的であり、正面から敵を捻じ伏せる戦い方を好む。

人間社会の転覆を悲願とする真人や花御(はなみ)、陀艮(だごん)といった他の特級呪霊達と共に、”偽夏油”を相談役に迎えて行動する。

目次

呪術・技・等級

掌から文字通りの炎を放出する事はもちろん、視界の範囲の壁や地面に人間と同じか二倍程度の大きさの”ミニ火山”を出現させて、その噴火口から炎を噴出させる事もできる。

ただし、対象が呪力による防御が可能な術師である場合、一撃で必殺するほどの威力は担保できないらしく、陀艮が倒されて領域から解放された直後の七海 健人(ななみ けんと)に対して放った際にも、七海はなんとか持ち堪えて生き延びている。

火礫蟲(かれきちゅう)

漏瑚自身の頭頂の開口部分から、嘴(くちばし)の尖った甲虫のような式神が複数体放たれ、それが対象に触れると大音量の”鳴き声”を発して聴覚を麻痺させた後に爆発する。

領域展開・蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)

領域が展開されると、活火山のイメージ通りに炎が噴き出す岩山が対象を包囲する。この時点で内部は相当な高温になり、呪力によって何らかの防護策を講じない限り「並の術師」では戦いを継続する事すら出来ずに焼死する。

また、この状態に於いては炎を纏った溶岩を「必中」の術式と化して対象にぶつけて、「熱」と「質量」双方のダメージを負わせることができ、同じく呪力によって防御しない限り対象は逃れる事が出来ない。

極ノ番・隕(ごくのばん・いん)

漏瑚が領域展開を用いずに、通常技の範囲で行使する事が出来る最大術式。人間の身長の約7~10倍ほどの大きさの岩石に炎を纏わせ、読んで字の如く降り注ぐ隕石のように上方から敵にぶつけ、熱と重量の双方でダメージを与える技である。

もちろん、人間の術師に対してこれが放たれた場合は、五条 悟以外には防ぐ事は不可能だと思われるが、両面宿儺は余裕の態度でこれを躱してみせた。

性格・体質・出自


・偽夏油と行動を共にする特級呪霊達の中でも、特に強く人間に取って代わる事を願っていた。

・当初の計画では五条 悟の封印に失敗した場合に備えて、両面宿儺の「器」である虎杖を”生かさず 殺さず”の状態で温存する予定であった。

しかし、渋谷での呪術テロ本番の際、虎杖をどうしても殺したい真人と意見が分かれ、保持していた宿儺の「指」(計十本)を虎杖に飲み込ませ、交渉材料を用意できぬままに強制的に宿儺を出現させる。

当然の事ながら、”呪いの王”とまで呼ばれた宿儺が快く協力してくれる筈もなく、逆にウォーミングアップを楽しむかの如き強襲を受けた結果、渋谷の街を半壊させる程の大規模な術の応酬を繰り広げ、最後は宿儺の”炎の矢”によって祓われた。

台詞

声優:千葉 繁


「矜持が傷ついたか?」
「今の人間は やはり紛い物 真実に生きておらん」
宿儺といえど無傷では済むまい

公式人気投票

第1回

総投票数 163,066票の内、
第20位/1,437票