禪院 真希(ぜんいん まき)

四級呪術師天与呪縛東京校

呪術廻戦 呪具使い 禪院真希(ぜんいん まき)

東京都立呪術高等専門学校の2年生であり、乙骨 憂太おっこつ ゆうた)や狗巻 棘いぬまき とげ)のクラスメイト。呪術界の名門である”御三家”の一つ、禪院家に生まれはしたものの、呪力をほとんど持っていなかったために”落ちこぼれ”の烙印を押されていた。

禪院家の当主であり、叔父でもある直毘人なおびと)を見返すべく、自ら家を出て呪術高専東京校に籍を置く。実父はおうぎ)、直哉なおや)は従兄弟。

目次

術式・技・等級

呪具使い(じゅぐつかい)

先述の通り、呪力をほとんど持たずに生まれたために、予め呪力が込められた呪具を使用しての武器術を専門としている。それだけに、日頃の鍛錬に関してはアスリートのように愚直であり、1年生の伏黒 恵ふしぐろ めぐみ)は「呪具の扱いなら学生一だ」と評している。

ただし、術師としての等級に関しては最下級である四級に留まっており、実家である禪院家が真希の昇級査定に関して、圧力を掛けているのではないかと噂されている。

性格・体質・出自


・呪力をほとんど持たないという事は、当然の事ながら肉眼では呪霊を視認する事ができないので、呪力が込められた特別な眼鏡を常時装着している。

・京都校に在籍する禪院 真依(ぜんいん まい)は双子の妹であるが、真希が禪院家を出奔してからは「置いて行かれた」として恨みを買っていた。

天与呪縛

呪術師の名門である禪院家に生まれながら、真希がほとんど呪力を持たずに生まれた理由とは、「天与呪縛」と呼ばれる「先天的な能力の不均質化」である。呪力をほとんど持たない事と引き換えに、常人よりも高い反射神経と動体視力を得ており、その事が必然的に武器の扱いに長ける理由となっている。

京都校との交流戦に於いては、「太刀取り」という高等技術で三輪 霞(みわ かすみ)の刀を戦闘中に奪い去るという離れ業を見せつけた。

覚醒

渋谷での大規模な呪術テロの後、真希は禪院家の新たな当主となった伏黒の権限を利用し、禪院家が管理する”忌庫”を開けようとする。しかし、それを見越して待ち構えていた実父のおうぎ)と、重傷を負って倒れている妹・真依の姿がそこにあった。

扇は、この機会に”出来損ない”の娘二人を処分するべく真希を斬り伏せ、多数の呪霊で満たされた”懲罰部屋”に二人を投げ込む。しかし、こうなる日が来る事を予見していたのか、真衣は半端に残っていた真希の呪力を完全に吸い出し、更に構築術式で形成した刀剣を真希に託すと「全部 壊して」と言い遺して死亡する。

呪霊の反応が全て消えた事を不審に思い、懲罰部屋に引き返して来た扇は、今度こそ真希の息の根を止めるべく術式を発動するが、それよりも速く真希の攻撃が扇の頭部を斬り落とす。そこには、甚爾とうじ)と全く同じ「呪力ゼロのフィジカルギフテッド」として完成された真希の姿があった。

禪院家の壊滅

その直後、扇が殺害された事を知った禪院家の下部組織である「躯倶留隊」(くくるたい)の構成員十数名に取り囲まれるが、真希はこれを難なく撃破(全て殺害)する。それに驚いた禪院家の上部組織「炳」(へい)の構成員である長寿郎、蘭太、甚壱の追撃を受けるが、これも撃退する。

そして、遂には「炳」の筆頭である直哉と対峙するが、当初こそ投射呪法をフル回転させて攻撃の先手を取る直哉に翻弄されるが、次第に目が慣れて来た真希は「1/24秒の動き」を作る事に成功し、直哉に反撃不可能になるほどのダメージを与える。

しかし、真希は何故か止めを刺さずにその場を離れ、その間になんとか這って逃げた直哉であったが、回復を待つ間もなく(これも何故か)真希の母親に背中を包丁で刺されて死亡する。かくして、真希の手に拠る「禪院家潰し」が完了した。

台詞

声優:小松 未可子


「オマエ イジメられてたろ」
「手加減しねぇよ?」
「これを使うのは 胸糞悪ィけどな」
「真衣 始めるよ」

公式人気投票

第1回

総投票数 163,066票の内、
第12位/4,245票