真人(まひと)

呪霊 特級

呪術廻戦 真人(まひと)

人間が”人間”に対して抱く恐れや憎しみが呪力となって集積され、呪霊と化した存在。あらゆる呪霊の中でも知恵や語彙量、狡猾さでは随一であり、正面から力ずくで敵に当たるよりも、会話をしながら相手の手の内や弱点を引き出す戦い方を好む。

人間社会の転覆を悲願とする漏瑚(じょうご)や花御(はなみ)、陀艮(だごん)といった他の特級呪霊達のまとめ役として、”偽夏油”と行動を共にする。

目次

呪術・技・等級

無為転変(むいてんぺん)

手で触れた対象の”魂の形”に干渉し、肉体の構造を大きく造り変えて”肉の人形”と化す、恐るべき術式。ただし、発動の際には真人自身は変形、変身をせずに当初の姿形(オリジナル)でいる事が条件となる。

”肉の人形”の大きさや形は真人自身の意思によって自由に調整する事ができ、口の中に入る程の小さなサイズや、人間本来のサイズの数倍程度にまで巨体化させる事もできる上、武器のような形状にして投げつけたり、口頭で命令して攻撃に用いる事も可能である。

ただし、いずれの場合に於いても思考能力が奪われて動作が緩慢になるので、殺す事さえ躊躇わなければ大きな脅威にはなりにくい。また、この無為転変が人間だけでなく、呪霊相手にも有効であるか否かは明らかになっていない。

領域展開・自閉円頓裹(じへいえんどんか)

領域が展開されると、薄暗い空間に無数の大きな”手”が出現して対象を包囲する。この状態に於いては上述の”無為転変”が「必中」の術式と化し、基本的に対象は逃れる事が出来ない。

ただし、外部からの衝撃や干渉には意外に脆く、一級術師の七海 建人(ななみ けんと)を捕らえた際にも、虎杖 悠仁いたどり ゆうじ)に外部から侵入されている。

性格・体質・出自


・人間が人間に対して抱く怖れをまさに体現するように、好奇心や傲慢さ、狡猾さや残酷性といった特性を全て兼ね備える。吉野 順平(よしの じゅんぺい)の術式を引き出す手伝いをして信用させた上で、虎杖 悠仁に当て馬としてぶつけるという手間暇をかけた作戦も、他の呪霊には真似のできない真人だけの知恵の産物と言える。

・真人自身は肉体の大きさや形をどのように造り変えて変形、変身をしてもリスクは一切無く、自分の姿形をそっくりコピーした”分身体”を切り離して自由に行動させる事もできる。ただし、切り離した分身体は変形、変身する事はできても”無為転変”を発動させる事はできない。

また、分身体は(当然の事ながら)”魂の形”を本体と共有しているので、仮に分身体が”魂の形”に干渉する類いの攻撃を受けると、そのダメージは直接、本体に波及する。この弱点を釘崎 野薔薇(くぎさき のばら)に突かれて、分身体に芻霊呪法・共鳴りを打ち込まれた結果、本体にダメージを受ける事となった。

台詞

声優:島﨑 信長


「狡猾にいこう 呪いらしく 人間らしく」
「俺は 人が人を憎み 恐れた腹から 産まれた呪いだよ」
喜怒哀楽は全て 魂の代謝によるものだ

公式人気投票

第1回

総投票数 163,066票の内、
第25位/946票