裏梅(うらうめ)

その他の人物

公式アイコン無し

偽夏油”と秘密裏に共謀し、呪術高専に於ける姉妹校交流戦と渋谷での呪術テロ、その両方に呪詛師を送り込んだ袈裟姿の謎の人物。漏瑚との戦いに圧勝した直後の両面宿儺の前に現れ、「お久しうございます」と発言した事から、両者が旧知の関係性である事が窺い知れる。

しかし、この裏梅が人間の術師であり、なおかつ”人間時代”の宿儺を知っているならば、当然ながら千歳を超えている事になる。

はたして、”不死”の術式によって本当に千年以上も生き永らえているのか、はたまた、偽夏油と同じく第三者の肉体を乗り換えながら生きているのか…それとも、人間に憑り付いて受肉している状態の呪霊なのか、現時点では判然としていない。

目次

呪術・技・等級

氷凝呪法(ひこりじゅほう)

冷気を操って”氷”を生成する術式であるが、「氷の塊をぶつける」などという生易しいレベルではなく、一瞬で人の全身を氷漬けにするほどの威力を誇る。何らかの方法で防御しない限りは、即、行動不能に追い込まれてしまう恐るべき術式である。

霜凪ぎ(しもなぎ)


掌から発した冷気を吐息で吹きかけるようにして敵に浴びせる技。虎杖を含めた5人の対象を一瞬にして同時に凍りつかせた。パンダいわく、「下手に動けば体が割れる」。

直瀑(ちょくばく)


最初の攻撃で帯状の氷塊を敵に向けて飛ばし、手足を凍りつかせて反撃や逃亡を封じ込めてから、次に大量の氷塊を敵の頭上から降らせて圧殺する技。五条の「無限」や漏瑚の「炎」など、身体を直接的に護ったり、氷を溶かしたりできる術式を持っていない限りは反撃する事が非常に困難である。

性格・体質・出自


・旧知の関係であると思われる宿儺の前では低姿勢で言葉数も少ないが、それ以外の者の前では非常に強気で高圧的な言動を取る。

・その一方で、並の術師の呪力量では操る事が困難であろう氷凝呪法は、この裏梅が最低でも”偽夏油”の正体である加茂 憲倫(かも のりとし)と同等の呪力量と経験則を併せ持った実力者である事を裏付けており、年齢的な辻褄さえ合えば宿儺の元・側近であった可能性も高い。

反転術式

・ただでさえ強力な氷凝呪法の他にも、高等技術である反転術式を用いた自己治癒が可能であり、この裏梅と一対一で戦って勝つ事をなおさら難しくしている。

台詞


「宿儺様 お迎えに参りました」
引っ込め三下 これ以上 私を待たせるな
「誰の肉体だと…!!」

公式人気投票

第1回

未出につき、獲得票無し